ファミリーバイク特約付き自動車保険を安くする

ファミリーバイク特約

原付バイクの任意保険を安く付ける一番いい方法をズバリご紹介します。

それは

ファミリーバイク特約を付けた自動車保険を一番安いところに切り替える

というやり方です。


実際にこうやって保険料を大幅に安くできた実例です。

ファミリーバイク特約なしの保険料は39,320円/年と更新の通知で知りました。

これにファミリーバイク特約を追加すると5万円を超えるという代理店担当の話でした。

そこで思い切って安い保険会社を探し出して切り替えることに。

今の条件にファミリー特約を追加し、無料一括見積りで各社の保険料を比べ、一番安いところにしたのです。


その結果、保険料は 23,770円/年
原付の特約を追加したのに今までよりも 15,550円 も保険料が安くなってしまいました

一括見積りでは切り替え前の損保ジャパンの見積もり結果も出ていて、特約付が実際に5万円を超えていました。

これと比べると保険会社の切り替えによって保険料を半額以下にすることができたことになります。


自動車保険を代理店型から通販型に乗り換えるだけでこれほど保険料が違ってしまうのにはちょっと驚きでした。

「代理店」といってもこれまでは自動車ディーラーのいわゆる「素人」代理店でしたから、通販に切り替えても実質的な違いはほとんどないと思っています。

ファミリーバイク特約の追加が自動車保険の見直し・乗り換えの本当にいいきっかけになりました。


自動車保険に付けるファミリーバイク特約は単独のバイク保険のように特約だけを切り離して自由に選ぶことはできません。

ですから、原付の任意保険を安く付けるためにはファミリーバイク特約を付けた自動車保険を安くすればいいということになります。

特約だけを取り出して比べるのではなく、特約を付けた自動車保険全体を比べて選ぶのがコツだというわけですね。

特約の追加保険料が2千円安い所を選んだら本体の保険料の方が5千円高くなった
というのでは逆効果になってしまいます。


このような自動車保険の比較には【無料】自動車保険一括見積りがうってつけです。

上の実例では「ズバット自動車保険比較」という一括見積りを使いましたが、入力も簡単で使いやすくたった一度の入力で8社の見積りを一挙に比べることができました。

いくつか使ったことのある中で今一番のおススメの一括見積りです。

  ズバット自動車保険比較の詳細はこちらこちら 【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり



※「保険料が安くなっても大丈夫か?」「安い自動車保険は事故の時など大丈夫か?」などについてはこちらを見れば納得できますよ。 ⇒ 代理店を通さなくてもいざという時大丈夫なのか?



満期のだいぶ前に原付を購入した場合はどうすればいい?


ファミリーバイク特約付の安い自動車保険に乗り替えは満期の時が一番円滑に行えるのですが、

満期がまだずっと先の時に原付バイクを購入した時などはどうすればいいのでしょうか


満期を待たずに現在の自動車保険を解約して新たな保険に乗り替えるのは可能ですが、残念ながら保険料が安くなる通販型の多くは中途解約による乗換えを受け付けてくれません。

また受け付けたとしても、等級アップの始算時期が乗換え時点でリセットされますので、等級アップがその分遅れてしまうというデメリットがあります。

保険料を安くしたいのであればやはり切り替えは満期の時に行うのが一番いいのです。


では満期が来るまでの原付バイクの保険はどうすればいいのでしょうか

単独のバイク保険に加入し、満期が来たら解約してファミリーバイクに切り替えるというのも一つの方法です。

でもこの方法は保険料がかなり高くなってしまうでしょう。

年齢によっては月額で1万円近い保険料になるかもしれません。


そこでおススメなのは、満期になるまでのつなぎとして今の自動車保険にファミリーバイク特約を追加するという方法です。

これは自動車保険の契約の変更になりますが、手続き自体は面倒なものではありません。

電話で「ファミリーバイク特約を追加したい」と申込みを行えば、受け付けられた瞬間から特約が有効になり、あとは送られてくる振込用紙で追加の保険料を支払うだけです。


まずはこうしておいて、満期数ヶ月前になったら【無料】一括見積りで保険料の安い乗り替え先の保険会社を選べばいいわけです。


一括見積りの中には、

・いつでも予約するだけで満期60日前に自動的に一括見積りをしメールで知らせるサービス、

・満期の4ヶ月も前から一括見積りができて契約まで進むことができるサービス

などもあるので、これらを上手に使って乗り替え先を選び早めの契約をしておけばいいでしょう。


早めに乗り換えの手続きを済ませておけば安心ですし、保険会社によっては「早割」といって満期の45日以上前に契約すれば保険料が割引になるとというメリットも受けることができます。

具体的なおススメの一括見積りは次の三つです。

■ズバット自動車保険比較

 入力が簡単。満期60日前の自動見積りを早くから予約できる唯一の一括見積りです。

                      詳細はコチラ こちら ズバット自動車保険比較

■保険スクエアbang!

 老舗の一括見積り。なんと満期の4ヶ月前から一括見積りができ契約も行うことができます。

       詳細はコチラ こちら 「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり【無料】

■インズウェブ

 最大22社の見積もりが最短5分で無料で取り寄せられる。既に700万人以上が利用。

                      詳細はコチラ こちら 自動車保険一括見積もり

ファミリーバイク特約付き自動車保険を安くする


家族のための原付の任意保険をお探しならファミリーバイク特約が大変お得でおススメです。


個別の保険だと原付とはいえ保険料の額は通常数万円を覚悟しなければなりません。


家族に自動車保険加入者がいる場合は、ファミリーバイク特約の追加で原付の任意保険が付けられるので保険料が7千円〜1万円数千円程度の追加で済みます(自損型の場合)。


しかもこの特約は次のように大変メリットが多い特約です。

■ファミリーバイク特約のメリット

・対人、対物、自損事故で本体の自動車保険と同様の補償

・単独のバイク保険より保険料が格段に安い

・125cc以下のバイクを運転する家族の誰でも(別居の子供もOK)が補償対象

・主契約の自動車保険に年齢条件があってもファミリーバイク特約は制限がない

・原付バイクが何台でも補償対象になる

・借りたバイクで事故を起こしても補償対象になる

・原付の事故で特約を使っても等級に影響なし(ノーカウント事故)



50cc原付(第1種原付)なら通常は自損型のファミリーバイク特約で充分


ファミリーバイク特約には

・自損型

・人身型

という二つのタイプがあります。

両者の違いは「人身障害補償」が付いているか付いていないかだけで、付いている人身型のファミリーバイク特約は保険料も数万円と高くなります。

(※人身傷害補償…運転者、同乗者のケガなどを実際の損害額に応じて補償するもの)


さてどちらを選べばいいのかということになるのですが、

簡単に言えば、二人乗りが禁止されている50cc以下の原付の場合は、安いほうの自損型で充分だと思います。


確かに自損型では運転者本人のケガなどは対象になりません。

でも日本は「国民皆保険」の国ですから、原付バイクでのケガでも当然通常のケガや病気と同じように職場の厚生年金、共済や国民健康保険の給付対象になります。

また生命保険や医療保険に入っていればそれらの対象にもなります。

更に通勤途上の事故であれば公務災害の対象にもなることでしょう。

それでもどうしても不足だというのであれば格安の交通障害保険に別途加入するという方法もあります。


こうした運転者本人のケガなどの補償と違い、悪くすれば○千万円、○億円になるかもしれない対人保障、対物補償を格安の保険料でカバーできるのがファミリーバイク特約の一番いい点だと思います。

こういうことで、法定速度30km、二人乗り禁止の第1種原付なら、格安の自損型ファミリーバイク特約で充分だと考えていいと思います。



125cc原付(第2種原付)で二人乗りするなら人身型の方がいい?


50ccを超え125ccまでのバイクは第二種原付といい、これもファミリーバイク特約の対象になります。

この125ccバイクで二人乗りをすることが多い場合は、事故時の同乗者のケガなどの補償を考えて人身型のファミリバイク特約を健闘した方がいいかもしれません。

それも二人乗りの頻度や保険料の高さなどの兼ね合いになるのでしょうが、必要な場合は単独のバイク保険よりずっとありがたい選択肢になるはずです。

原付の特約は通販型が似合う


通販型と代理店型には明らかな保険料の差があります。


車の保険は価格が安いからグレードも落ちるという商品ではありません。


通販型といえども金融庁の認可・監視を受ける同格の保険事業であり、
通販型の保険料が安くなるのには、同庁から認可を受けた事業形態の違いという明確な理由があります。


●代理店経費、支店経費がかからないこと
代理店を置かずに直接取引を行うことにより、代理店手数料(保険料の20%)などの中間コストを省いている。
●リスク細分化が採用されている
年間走行距離、使用目的などリスクの違いによって保険料区分を細分し保険料の設定をきめ細かにしていること。
●運転者の範囲を狭める特約を設定していること
従来の自動車保険の多くは【運転者家族限定特約】まででしたが、新たに「運転者本人・配偶者限定特約」によって、本人・夫婦だけの運転の場合は従来よりも更に保険料が安くなる。
●免許証の色による保険料の区分を採り入れていること
免許証の色(ゴールド・ブルー・グリーン)に応じて保険料が算出される。


通販の車の保険は、このように事故対応などのサービスを省略して安くしているのではなく、中間コストの省略リスク細分の採用という合理的なしくによって安い保険料を実現しています。


家族が原付に乗るならファミリーバイク特約が必選です


家族が原付バイクでの通勤や通学を始めると、イザという時のことが急に気になるものです。

原付の保険としては、単独のバイク保険に加入するという方法もありますが、最もお得でメリットが多いのは、自動車保険のファミリーバイク特約でしょう。

本人も含め家族の誰かが車の保険の加入者であれば、その車の保険に追加できるのがファミリーバイク特約(原付特約)です。

この特約は大変メリットの大きい特約で、中でも原付の事故で保険を使っても本体の車の保険の等級には影響しないという点が本当にありがたいと思います。

また、借りたバイクも含めて原付であれば何台でも補償の対象となり、年齢制限もありません。

保険料の追加は6、7千円〜1万数千円といったところですが、せっかくですからこの際、一括見積もりで各社を比較して、より安い保険に乗り換えてみませんか。

代理店型からの乗り換えであれば、ファミリーバイク特約を追加してもそれまでより保険料が安くなるかも知れません。

このような時は、一括見積もりのありがたさを特に強くかんじることになることでしょう。


自動車保険の相場を原付特約を付けて調べる

高い自動車保険だから安心とは限らない


代理店手数料が「保険料の20%」だということをご存知でしたか?
日本では「保険のプロ」ではない副業代理店が多いことをご存知でしたか?

全ての保険代理店が専業の「プロ代理店」であれば、代理店型でも保険料の払い過ぎの心配はないでしょう。
代理店手数料分が「保険のプロ」に対する「安心料」になります。

でも自動車保険業界の現実はそうなっていません。
日本の代理店は、自動車ディーラー・修理業など副業代理店が非常に多く、専業のプロ代理店は業界の約1割ほどだと言われています。

ネットなどで「代理店探しが重要」というコメントがとても多いのにはこういう背景があります。
損保会社は、代理店の粗製乱造を反省し再教育などを行なっているようですが、すぐに状況が変わることはないでしょう。

プロ代理店に恵まれた時の安心は代理店型のメリットですが、代理店選びには注意する必要があります。
一方、通販型は、はじめから代理店を省いており、全国均一に事故対応サービス、無料サービスを提供するしくみが採られています。

当たりハズレのない「安心」が通販型のメリットといえるでしょう。


<参考>
※車買い替えの時今の車は下取りでなく車買取店に売却しましょう。査定額が全く違いますよ。

------------------------------------------------ サイトメニュー ----------------------------------------------------

トップ(ホーム)原付特約のありがたさ原付特約の2タイプ自損型の原付特約人身型の原付特約
原付向けの単独バイク保険原付の基本知識自賠責の期限切れに注意
電動バイクに原付特約原付は中古がおススメ

Copyright © ファミリーバイク特約の保険料はどのくらい? All Rights Reserved.